隣のカニパンのブログ(仮)

カクヨムで小説描いて、nanaで歌ってる人のブログ

私の『夏うた』

今週のお題「私の『夏うた』

たまにはこういう今週のお題でもやっていこうと思う。

そもそも、『夏うた』って言うと何が上がるのか分からないなぁ。

と言うかそもそも、騒がしい曲が苦手だったw

あ、一つだけ思い付いた。

BUMP OF CHICKENの車輪の唄

車輪の唄の風景にさ、蝉の声とか足して…あ、夏っぽいw

なんか、そもそもバンプが夏っぽい気がするね。

 

ほら、お話にすると…

ミーンミーンミーンミーンミーン…

早朝、夏の蝉が煩い。

線路沿いの上り坂。父に借りた古びた自転車で、僕はペダルを漕ぐ。

「もうちょっと!あと少しだよ!」

声の主である、後ろの彼女が原因で進まないとは、口が裂けても言えない。

「もうすっかり夏だねぇ」

「そうだね、お昼頃には38度まで行くって」

「本当!?それは地獄だねぇ」

「君は電車の中だろうけどね」

「だーかーらー、そういう所がモテない原因なんだよー」

彼女は僕の背中を両手でポカポカと殴る。

「痛いなぁ。だって本当のことだろ」

「そーゆーことじゃないのー」

「はいはい」

「あーそいうことするんだー、今私傷つきました」

彼女は不服そうに言う。これに突っ込むと面倒な事になるため、無視に尽きる。

「世界中に二人だけみたいだね」

「うん」

うん夏っぽい。

 

あぁ、やっぱり良い曲だなぁ。

聴いたことない人は是非、聴いてみてね。

 

では、今回はここで。

 

BUMP OF CHICKEN『車輪の唄』 - YouTube